そのほうれい線!必須脂肪酸の不足が原因かも?

ほうれい線、肌の乾燥が気になったらまず、外側からの適切なスキンケアで肌を乾燥から守ることが大切でしたね。

 

もちろん内側からから適切な栄養を摂る事も大切で、
特にビタミンとミネラルがほうれい線に効く!いう事でしたね。

 

ビタミン・ミネラル以外には、必須脂肪酸もまた肌の修復、代謝に必要不可欠な栄養素なので
ビタミン・ミネラルに加えて必須脂肪酸も正しい知識で摂取をしていきましょう。

 

必須脂肪酸とは

必須脂肪酸ですけど栄養素の名前で”必須”ということ言葉が付くものって、必ず体に必要なものっていうこと。

 

だからしっかりと摂取してあげないいけない栄養素ということなんですね。

 

必須脂肪酸は肌の修復に必要不可欠な栄養素なんです。
必須脂肪酸は、食品では豚肉、青魚、レバーなどに豊富に含まれています。

 

shibousan

 

体の中に脂肪が取り込まれると脂肪酸となります。

 

脂肪酸はさらに飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類されます。
さらに、不飽和脂肪酸のうち多価不飽和脂肪酸に分類され

 

n-6系とn-3系と呼ばれるものが必須脂肪酸になります。

 

オメガ6とオメガ3を意識して摂取

n-6系の脂肪酸は別名オメガ6,n-3系の脂肪酸は別名オメガ3と呼ばれてます!

 

このオメガっていう名前は何となく健康にいいっていうイメージがあったんですけど
このオメガ6やオメガ3が不足しちゃうと肌あれの原因になってしまうんです。

 

 

オメガ6を含む食品と効果

オメガ6には血中のコレステロール下げる役割が高く、動脈硬化の予防や、血圧、血糖値を下げる作用まであるんです

 

ダイエットで特にカロリーを気にして脂質を制限するなどして体に必要なオメガ6まで不足してしまうと
肌にも悪影響です。

 

血糖値を下げてくれる効果は糖化による肌の劣化を予防してくれちゃいますし、オメガ6はちゃんと食べ物から摂取することで
健康的な肌だけでなくて、痩せやすい体を作ってくれるんですね

 

オメガ6が入っている食品としては紅花油、ひまわり油、くるみ、ゴマ、大豆、レバー、たらこ、サバなどです。

 

結構ダイエットの大敵って感じの脂質の多いものが入ってますね!
もちろん過剰摂取は良くないから、一食で食べても問題のない量を食べるのが大切です。

 

ダイエットだからといって過剰にこれらの脂質の高い食品をとらないのは肌にもダイエットにも逆効果なんですね。

 

オメガ3を含む食品と効果

オメガ3は心臓とかに悪い影響を及ぼすトランス脂肪酸の阻害、悪玉コレステロールの抑制、中性脂肪の低下、アレルギー予防、がん細胞の抑制
などがあげられます。

 

オメガ3は健康、免疫力と人間の健康には必要不可欠な栄養素なんですね。

 

もちろんオメガ3も不足してしまうと、免疫機能が落ちてしまうので、肌の荒れの大きな原因となってしまいます。

 

オメガ3が豊富に含まれている食品は

 

ブリ、さんま、はまち、いわし、うなぎ、まぐろなどです。

 

和食に代表される魚をしっかりと摂取することが美肌にも効果があるんですね。

 

ダイエットを意識して野菜ばかりで必要な脂肪を摂取しないと肌はあれてしまいカサカサになってしまいます。

 

必須脂肪酸が不足した肌は?

肌だけでなく、生命活動の維持に必須の必須脂肪酸この必須脂肪酸が不足してしまうと

 

ニキビ、乾燥肌、炎症、ほうれい線、シミ、シワなど肌に大きな悪影響を及ぼします。

 

またそれだけでなく、免疫機能が落ちてしまうので、風邪をひきやすくなってしまう、

 

体の修復機能が落ちてしまうので内蔵機能の低下など様々な問題が発生してしまうんですね。

 

もちろん適切なスキンケアも大切なんだけど
それよりも何よりも、基本的な栄養素をしっかりと摂取するということがとっても大切なんですね。