ビタミンが肌に与える効果

ビタミンとミネラルが肌の保湿力を内側からサポートしてくれますね。

 

それぞれのビタミンの効果を見て、食事で積極的にビタミンを摂取する事を心がけてみましょう!

 

ビタミンB1の効果

神経の働きを整える アルコール代謝を助けてくれる皮膚や粘膜の補修を助けるなど。

 

ビタミンB1はこれらの働きに加えて糖分の代謝を促進する機能があります。

 

むくみの解消に役立つので、飲み会の時は、

 

意識しておつまみとかで食べてみてはいかがでしょうか?

 

お酒と肌のターンオーバー

アルコールは人体にとって有害なので、他の代謝よりも優先的に代謝されます。
過度なアルコール代謝はターンオーバーの乱れを引き起こし、老け顔に繋がります

 

お酒を飲むときは積極的にアルコール代謝を助けるビタミンB1を摂取しましょう。
ビタミンB1は、豚肉、小麦胚芽、大豆、のりなどに多く含まれてます。

 

ビタミンB2の効果

ビタミンB2 は細胞再生と免疫力を高めます。

 

不足すると内臓機能が低下してしまいます。

 

ビタミンB2が豊富に含まれている食品はレバー、魚の皮、うなぎなどです。

 

ビタミンB12とビタミンB9 葉酸の効果

ビタミンB3。別名ナイアシン
皮膚、粘膜の炎症を抑えてくれます。

 

ビタミンB5 パテントン酸
皮膚や毛根に栄養を与える役割をします。

 

ビタミンB6
肝臓に脂肪が蓄積するのを防いでくれます。

 

葉酸と協力して血液中のヘモグロビン合成を促進して貧血を予防します。

 

ビタミンB9 は葉酸として知られてますね。
ビタミンB12と協力してヘモグロビンの合成を促進します。

ビオチン ビタミンB7の効果

ビタミンB7はビオチンとして知られてますね。
皮膚の健康維持をするのに必要な栄養素です。

ビタミンEの効果

血液の流れを良くするビタミンE
豆乳、大豆、アーモンド、マーガリンなどに豊富に含まれていて、体の代謝改善を促します。

ビタミンCの効果

キュウイ イチゴ しいたけに豊富にふくまれていてメラニン合成の抑制をします。
また、コラーゲン合成にも必須な栄養素となる
ので、肌のシワ改善に積極的に摂取したい栄養素です。

 

また、ビタミンCはタバコを吸うと、大量に消耗されて肌荒れの原因となります。

 

ビタミンAの効果

ビタミンAは皮膚細胞の分化。若返りに効果があります。
トマト、カボチャ、ニンジン、牛乳、レバー、うなぎなどに豊富に含まれていて、
抗酸化作用もあります。

若いほうれい線には栄養と正しいスキンケア

どんなに正しいスキンケアをしたって、肌の修復とかターンオーバーに必要な栄養素が不足していると
うるおいのある肌は実現できません。

 

20代でほうれい線が気になっていたら、まず毎日の食事の中でビタミンを積極的に摂取する事を心がけてみましょう。

 

あとは正しいスキンケア
すれば効果は必ず出てきます!