大豆は何故肌にいい

これまで潤いのある肌には適切な栄養と正しいスキンケアが大切という話しをしてきましたね。

 

特に意識して摂取したいのがビタミンミネラルと必須脂肪酸でした。
ビタミンが肌に与える効果
そのほうれい線!必須脂肪酸不足かも?

 

その他で私がほうれい線にショックを受けた後に、意識的に摂取していたのが大豆食品でした。

 

どうして大豆食品がおすすめなのか?

大豆には大豆イソフラボンがはいってます。


daizutohada

 

大豆イソフラボン女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きをする事が確認されてます。
エストロゲンは別名で、美肌ホルモンというほど肌の修復などに必要な栄養となります。

 

エストロゲンが不足すると肌荒れが起きやすくなってしまうんですね

大豆食品は手軽に摂取できる

なかなかビタミン、ミネラルは必要量を摂取するのが難しいのでサプリでの摂取がおすすめです。

 

しかし大豆食品は意外に簡単に外出していても摂取する事ができるので意識的に日常生活で摂取するのがおすすめです。

 

納豆、豆腐、豆乳とかほとんどごコンビニで手軽に買える物ばかり。

 

大豆イソフラボンは日常生活で摂取していく事がおすすめです。

大豆イソフラボンは過剰摂取に注意

美肌効果の高い大豆イソフラボンですが、
過剰摂取をすると乳がんとか子宮ガンのリスクを高める事が知られています。

 

だからと言って体に悪い物ではなくて適量をしっかりと摂取する事が大切という事ですね。

 

目安としては1日あたり納豆なら1パック豆乳なら200ml、豆腐なら半丁程度が適量と言われてます。

 

これくらいの量なら食事の一品として、気軽に摂取可能だからおすすめですよ。