ビタミンAとほうれい線

頬のお肉が垂れてくると、口回りの筋肉に乗っかってくっきりとしたほうれい線が出来てしまいます。

 

きちんとしたターンオーバーが発生する肌の状態だったら、肌に水分を維持するための

 

コラーゲンとかセラミドがしっかりと水分を維持してくれてハリのある肌が維持できます。

 

でも、ターンオーバーがうまくいかないと肌は荒れてしまって保湿に必要な栄養分を維持する事が出来ないんです。

 

turnover

ターンオーバーを助ける

ハリのある肌のためには保湿が大切。

 

肌にハリがあることがほうれい線対策にまず第一に必要だから、しっかりと保湿をしたいですね。

 

しっかりとした保湿にはいくつかポイントがありましたね!

 

正しいスキンケアでほうれい線対対策

 

ほうれい線にビタミンとミネラル

 

しっかりとした保湿出来る肌を維持するためには上記に加えて
ターンオーバーを助けるビタミンAも意識してみましょう!

ビタミンAとほうれい線対策

ビタミンAにはお肌のターンオーバーを助ける効果と活性酸素を除去する抗酸化作用があります。

 

ターンオーバーが乱れる原因はストレス、紫外線、不規則な生活、栄養不足といったストレスが影響しています。

 

ストレスの多い生活だから、積極的にストレスケアをしてあげることももちろん大切です!

 

ストレスをためて老け顔になるなんて絶対いや!!しっかりとケアしていきたいものです!

 

ビタミンA以外で効果的に活性酸素を除去できる水素水を摂取していくこともおすすめのほうれい線対策になりますよ

ビタミンAの多い食材

ビタミンAの多い食材はにんじん
レバー、緑黄色野菜などに多く含まれてます。
日常生活だと結構不足しがちに、なる栄養素だから、食事で取れない分はサプリとかで摂取するのがおすすめ。

 

ほうれい線対策に便利なビタミンサプリ

 

レチノールとほうれい線

肌がしっかりターンオーバーするって事は肌が代謝の良い状態という事。

 

肌がしっかりと代謝するのであれば、きちんとしたスキンケアをするだけで、
ちゃーんと肌は水分を捕まえてプルプルの肌になれちゃうんですね。

 

肌のターンオーバーに有効なビタミンAはレチノールともよばれます。

 

エイジングケア様のコスメを見てるとことレチノールっていうのを良く目にしている人も多いでしょう。

 

レチノールとレチノイン酸

レチノールと同様なレチノイン酸もエイジングケアに良く使用されるものです。
両方ともビタミンAですが、

 

レチノイン酸はビタミンA誘導体と言われていて、レチノールよりも浸透力が高いので、
エイジングケアにはレチノイン酸が効果的なんです。

 

20代の肌は本当は代謝がいいので、しっかりと栄養をとって
正しいスキンケアをすればターンオーバーはまだ短い周期で行われます。

 

たった5分で効果的なスキンケア

 

 

きちんとビタミンAも摂取して、ターンオーバーをさせていく事が大切なんですね