ほうれい線の原因となる姿勢

ほうれい線に悩む20代が急増中!?

ほうれい線に効果の高いセラミドやコラーゲン配合の化粧品を試してみた。
でも20代の若いうちからセラミド配合の化粧品や
コラーゲンを摂取してもあまり効果を実感できないという人もいますよね!

 

その20代のほうれいの原因はコラーゲン不足ではなく姿勢かもしれません。
思い当たる方はしっかりとほうれい線の原因を理解して適切なケアをすることが
ほうれい線に効果ケアの近道です!

20代のスキンケアの基本は肌本来の底力を活かすこと!

20代の肌はコラーゲンやセラミドはしっかりと存在しています。
20代の中盤が女性の場合はコラーゲン量のピークとなることが多く、
20代であればまら肌のハリを維持するだけのコラーゲンは十分にあるのが通常です。
なので、アンチエイジング用の化粧品や
コラーゲン、セラミドを摂取してみてもあまり効果が実感できないということは別に不思議な事ではないんですね。

 

20代のほうれい線の原因で見逃せないのが姿勢です。

 

猫背とほうれい線


kinikuryou

 

猫背は頭が前に突き出た状態
頭を支える背中から肩にかけての筋肉である僧帽筋が弱っていたり、
凝ってしまうと頭が前に垂れ下がった猫背になります。

 

猫背だと頭の重みの分、顔の筋肉も垂れ下がってきてしまいます。

 

猫背の原因となる弱くなった僧帽筋は顔の表情筋とつながっているため
顔の代謝も落ちて顔のたるみに拍車をかけます。

 

更に猫背によってリンパの流れが悪くなりか
顔の皮膚も代謝が落ちてほうれい線の原因になってしまいます。

 

猫背を改善すると代謝も上がりますので肌のハリだけでなくダイエット効果もあります。

 

猫背を治すには

 

まず正しい姿勢を知るために膝たちをしましょう。
この姿勢をしている時は特に力む事なく猫背にもなりません。

 

猫背は正しいバランスが失われている事によっておきます。
当然バランスが失われた体ではかみ合わせの歪みなど
顔自体の歪みの原因にもまってしまいます。

 

アンチエイジング化粧品に走る前に基本的な栄養、姿勢、正しいクレンジングといったところを改善して
20代本来の肌の力を再生させることが10年後の美しい肌維持のために大切ですよ!