エステナードソニックローズとリフティどっちが20代向け

20代のほうれい線対策にはまず、何よりも保湿が大切という事でした。
美顔器のエステナードソニックローズなら自動スキンセンサーとイオンクレンジングが付いているから、
一台で効果的なクレンジングとほうれい線ケアができちゃうんですね。でもエステナードソニックを買うまえは
同じエステナードのリフティとどっちがいいのか迷ったんですね。
一応HPだと、エステナードソニックROSEは20代からでエステナードリフティはもう少し中年の方向けのイメージだったんですが
エステナードソニックローズを買う前にエステナードリフティと迷ったんです。

 

二つのエステナードは何が違って、自分にはどっちが必要なのか?というところをお伝えします

houreisen

エステナードソニックROSE

houreisen

エスタナードリフティ


 

エステナードソニックローズとリフティの値段

まず。気になる値段は両方とも本体価格29800円と同じでした。
結構美顔器ってそれこそ高いものだと、一桁違う!ってやつもあるから

 

両方ともこのくらいの値段ならエステとか行くのに比べたら格安だよなーっと言える値段ですよねー。

 

美顔器機能

エステナードソニックローズは8Mhzのマルチウェーブによる高周波を使う美顔器
このマルチウェーブによって肌をマッサージしてシワ、ほうれい線対策をします。

 

エステナードリフティはラジオ波を使います。
ラジオ波って何よ?ってことですが0.03MHz〜300MHzの高周波の事を言います。

 

なのでエステナードソニックローズでフェイシャルマッサージ機能として採用されている8MHzの高周波もまたラジオ波なんですね。。

 

エステナードリフティとソニックローズは違う様に一見すると見えますが、このマッサージ機能についての違いはよくわかりませんでした。

 

EMSとイオン導出

エステナードソニックローズでは、イオン導出を使って、ヒアルロン酸、セラミドを肌の真皮層へ届けます。
イオン導出って

 

一方でエステナードリフティについては、エステナードソニックロージと同様に微弱電流を使う仕様になってますが、
イオン導出ではなく、EMSとして肌の表情筋に働きかけると同時にジェルを肌に浸透させる目的となってます。

 

エステナードソニックローズではラジオ波によるマッサージで引き締める。微弱電流でジェルを肌に浸透させるという機能です。
エステナードリフティではラジオ波で肌を温めて、微弱電流で肌を引き締めて、ジェルを肌に浸透させるという機能となってます。

 

高周波部分でソニックローズはマッサージをするけど、リフティは肌温めるだけという表記になってますが、
その高周波部分がソニックローズとリフティでどう違うのかが書かれていないから、良く違いはわかりませんでした。。

 

私にはここまでの機能はほぼ同等に思えたんですね。。

エステナードの使用時間と頻度の違い

エステナードソニックローズとエステナードリフティでは推奨使用頻度が違います。
まずどちらも同じで一回の使用時間は標準で5分となってます。

 

エステナードソニックローズは推奨使用頻度は特に記載がありませんが、エステナードリフティは週2回の利用が推奨されてます。

 

エステナードリフティのEMS機能は筋トレと同様に休憩期間を設けて刺激することで効果を発揮できるという設計になっているみたいです。
一方でエステナードソニックローズのイオン導出はあくまでもエステナードジェルの浸透を補助する目的なので
表情筋を鍛えるという用途ではないのでしょう。

 

両機種とに微弱電流を使いますが、目的が違うみたいですね。

 

 

エステナードソニックローズにあるイオンクレンジング機能

エステナードソニックにあるイオン導出を用いたイオンクレンジング機能は20代のほうれい線対策にはとっても効果的でした。

 

このイオンクレンジング機能は残念ながらエステナードソニックローズにしか付いてません

 

エステナードリフティはとりわけ保湿をメインとした20代のシワ対策とはことなり、リフトアップに注力した製品となっていますね。

 


Estenado